現役金融マンがオススメする住宅ローン借り換え(借り替え)比較ランキング

住宅ローン借り換え比較ランキング

POINT 1

住宅ローン借り換えのメリットはいくら?

住宅ローンの「借り換えのメリット」はどのように計算できるのでしょうか?借り替えメリットを享受するためには、当然今借りている住宅ローンより、新しい住宅ローンの金利が低くなる必要がありますね。

ただし単純でないのは、借り換えにかかる経費です。登記などの手数料を考えれば「少なくとも50万円くらい」は利息を軽減したいところです。

簡単に計算しようと思えば、

借り替えメリット = 残りの借り入れ金額 × 金利差 × 残りの借り入れ期間 ÷ 2

で大雑把に算出できると思いますが、正確には各銀行でシミュレーションを用意しているので参考にしてください。ちなみに人気の住信SBIネット銀行のホームページでシミュレーションすると、たとえば

残りの借り入れ金額:2,500万
金利差:0.5%
残りの借り入れ期間:20年


の場合、利息軽減額は「149万円」になりますね!毎月の住宅ローン返済額も6,000円以上軽減されます。

登記などの手数料を考慮してもトータルで77万円近く、メリットが出てくることになります。こういう場合はぜひ、借り換えを検討されてはいかがでしょうか。

>>>住信SBIネット銀行の借り替えシミュレーションはこちらから

また、当初の費用の額によっても借り換えメリットは異なります。当サイトで人気の新生銀行の場合は、当初費用が他の銀行よりはるかに少ないので、金利差がさらに少なくても大丈夫ですね。

>>>新生銀行の借り替えシミュレーションはこちらから


ぜひ、実際に試算してみてください。

POINT 2
PAGE TOP

借り換えに最適な住宅ローン選びのポイント

借り換えに最適な住宅ローンとは何でしょうか?「金利が低い」のは当然だとして、やはり住宅ローン経験者として重視したいのは、金利が低いだけじゃない、それ以外のメリットですね。具体的に考えていきましょう。

1.保証料がかからない

保証料がない、というのはとても重要です。期間30年×3,000万円だと60万円以上かかってしまうのが保証料です。たとえば30万円のコストを削減するのに、保証料が60万円も取られしまうなんてばかばかしいですね。

保証料は金利に換算すると「毎年0.2%」と言われています。毎年0.2%!保証料がかからない金融機関を選びましょう。

2.フラット35は団体信用保険料に注意

長期固定金利が魅力的なフラット35。最近は借り換えにも対応してくれるようですが、気をつけないといけないのが、表面金利に含まれない「団体信用保険料」。通常の住宅ローンなら「込み」なので特に意識することはないですが、フラット35はこれが「別途」なので要注意。

団体信用保険を金利に換算すると「毎年0.3%」くらいとなります。毎年0.3%!表面金利だけで判断してはいけませんね・・・。

3.繰上返済が簡単で無料であることが一番大切!

経験者なら特に注意したいのが、繰上返済の利便性と手数料ですね。「最もオトクな資産運用は住宅ローンの繰上返済である」と言われるくらい、繰上返済はメリットがあります。繰上返済を進めれば進めるほど、みるみる元本も利息も減っていきます。借り換えメリットなんて目じゃないくらいオトクです

したがって、借り入れてからも繰上返済をどんどん進められるように
・ネットから1円単位で繰上返済できること
・繰上返済手数料が無料であること
は絶対条件ですね!

4.今、疾病保障付が注目!

最近、話題なのが疾病保障付の住宅ローンですね。要は、借入時に対象の病気になった場合に、何と住宅ローンの残高が0になってしまう、という「超」安心の住宅ローンです。

でもどれだけ安心でも金利が高くなってしまっては元も子もありません。メガバンクなどは大体「毎年0.3%」くらいかかるようです。毎年0.3%!それなら別途、生命保険に入ればいいですよね?

ということで疾病保障が「無料」の住宅ローンを選びたいものです。

5.それ以外の手数料にも注目

最後に気にしたいのが、それ以外の手数料ですね。たとえば、住信SBIネット銀行や新生銀行は、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどのATMが24時間無料だったり、他行宛ての振込を一定回数無料にしています。住宅ローンの支払い利息1,000円をケチって、ATMや振込みで1,000円も2,000円も手数料を払っていたのでは話になりません。

やはり住宅ローンの「借り換えの達人」を目指すなら、そういう銀行サービスそのものの手数料にも目を配りたいものですね。

では、上記ポイントを網羅した、最新版の金利比較ランキングを参考にしてみてください。
POINT 3
PAGE TOP

最新!住宅ローン借り換え比較ランキング2015年3月

今月のランキングは以下のようになっています。

順位 銀行名 保証料
(年0.2%
相当)
事務
手数料
(税抜)
団体
信用
保険料
(年0.3%
相当)
実質金利
(保証料・事務手数料・団体信用保険料を金利に換算)
繰上返済 疾病
保障
それ以外の
手数料
公式HP
変動
金利
10年
固定
20年
固定
ネット
手続き
手数料 コンビニ
ATM
他行
振込

なし

2.0%
(年0.2%換算)

込み

0.770

1.300

無料

有料

無料

有料

なし

2.0%
(年0.2%換算)

込み

0.850

1.200

1.870

無料

無料

無料

無料

なし

5万円


安心パック
利用で
10万円

込み

0.880

1.380

1.480
※15年固定

1.580
※20年固定

無料

無料

無料

無料

なし

3万円

2.0%
(年0.2%換算)

込み

0.850


※最大
引下値

1.100


※最大
引下値

一部
無料

有料
(+0.25%)

無料

有料

なし

2.0%
(年0.2%換算)

込み

0.795

1.280

3.000

一部
無料

有料

無料

有料

あり

3万円

込み

0.975

1.175

1.400

3.350

有料

有料

無料

無料

なし

2.0%
(年0.2%換算)

あり

1.710

無料

有料

なし

1.3%
(年0.14%換算)

あり

1.640

無料

有料

なし

10万円

込み

1.850

2.450
※3年固定

無料

有料

無料

有料

9

みずほ
銀行

あり

3万円

込み

1.275

1.650

2.550

一部
無料

有料
(+0.3%)

無料

無料

10

ソニー
銀行

なし

4万円

込み

1.089

1.450

2.085

無料

なし

無料

無料

11

三井住友
銀行

あり

3万円

込み

1.175

1.400

2.280

一部
無料

有料
(+0.3%)

無料

有料

※ りそな銀行 : 一部繰上返済はWEBコミュニケーションサービス「マイゲート」のご利用が条件で無料となります。全額返済取扱いはできません。また、金利引下げ幅はりそな銀行所定の審査により決定します。いずれも詳細については公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP
今月のオススメは
新生、住信SBIネット、イオンとりそな銀行

今月のオススメ借り換えローンは新生銀行と住信SBIネット銀行イオン銀行、そしてりそな銀行になりました!それぞれサービスの詳細をチェックしたいと思います。

イオン銀行のサービス
このランキングの中では、変動金利と10年固定金利が魅力的ですね!

保証料が無料など、初期コストが低いのもいいですね。借り換えにも向いています。

またイオン銀行はネットだけでなく、イオン系列のショッピングセンター内にある利便性の高い店舗も魅力です。担当者と面前で相談したい方にはオススメといえるかもしれません。

加えて住宅ローン利用者には、イオンでのお買い物が毎日5%OFFに、20日と30日には10%OFFになるサービスも提供されています。隠れたメリットですね。
最新の金利はこちらから


イオン銀行の口コミ
・2015/1/9
 住宅ローンの金利が史上最低になったとさかんに報道されていたのでようやく借り替えを勉強する気になりました。たしかに毎月の返済が1万円以上減りそうなのでかなりやる気が出てきました。住宅ローンにこだわりはないですが週末は主人とよく近くのイオンに買い物に行くのでイオン銀行を第一希望にしようと思っています。評判も悪くなさそうですし、カードも持っているので優遇が受けられそうだなと。あと住宅ローンについてほとんど何も知らないので話を聞ける方が安心です。

・2014/11/22
 いろいろ考えましたが我が家の場合子供もいないので団信+安い共済で十分という結論になり純粋に金利が低い中でイオンにしました。審査をしている間に10年固定が大きく下がりラッキーでした。10年以内に完済する予定です。

・2014/10/10
 変動金利タイプで選ぶなら今は絶対イオンですね!客層は正直あまりよくないし、お店のイメージも悪いですが金利には替えられません。みなさんが評価されている買い物割引は全く使わないと思いますが。

・2014/8/14
 金利が下がってついでに買い物でも割引を受けられて最高です!

・2014/6/20
 気がつけば変動金利が大きく下がっています。当方が知る限り最低の金利水準です。イオン銀行ってそんなに金利が低いイメージがなかったのですが驚きました。他の銀行で本審査中ですが、こちらにも申し込むかどうか思案中です。借り替えなので時間がかかってもいいけれど。

>>>イオン銀行住宅ローンの詳細と資料請求

>>>その他の口コミも見る

>>>口コミの投稿

住信SBIネット銀行のサービス
このランキングの中では、どの金利も最低水準ですね!

特にキャンペーンにより5年固定金利タイプなどを大きく引き下げており魅力が増しています。

またさらに魅力を高めているのが、通常なら毎年0.3%程度金利が上乗せされかねない、8大疾病保障が何と無料です!スバラシイですね。疾病保証付の住宅ローンをお探しの方には最適な住宅ローンとなっています。

加えて新商品として追加された「Mr.住宅ローン」というタイプでは、変動金利が従来タイプよりさらに引き下げとなっているほか、上記8大疾病保障にプラスして、傷害保障や地震保障まで無料となっています!驚きですね。

それ以外にも繰上返済手数料が無料だったり、ネットで1円から繰上返済できたりと、繰上返済サービスも完璧ですし、口座サービスについても、コンビニATMの手数料が無料だったり、他行宛ての振込手数料も月3回まで無料など、ダントツの内容になっています。

住宅ローンだけでなく、メイン口座としても使えるのがうれしいですね。

なおデメリットがあるとすると、事務手数料が2.0%とお高い点です。このあたりは実際に試算しながら調べてみてはどうでしょうか。当サイトでは簡易的に年0.2%相当で試算しています。

>>>住信SBIネット銀行の住宅ローン・シミュレーションはこちらから
最新の金利はこちらから

住信SBIネット銀行の口コミ
・2015/2/28
 借換で利用しました。ネット銀行5社で申込みしたところ、1社(イオン)は仮審査NGでした。残り4社に本申込したところ、住信SBIさんの回答(7日目に本審査OKメール送信)が一番早く、電話での応対も問題なく、仮審査から40日以内で借換実行が完了しました。借換なので、どこのネット銀行も条件面では遜色なく、一番の決め手として、審査スピードを最優先として決めさせて頂きました。
不満をあげるとしたら、電話が中々繋がらないということです。午後6時くらいに2度ほど電話しましたが、約15分くらい待たされました。ただし、電話対応は申し分なく容認しました。

・2015/2/8
 低金利というのは知っていましたが期待以上の金利の低さで驚きました。今まで都銀の疾病保障つきを利用していましたが1%以上、金利が安くなりそうです。いつまで金利が低いかわからないので慌てて入力しました。もっと定期的に金利をチェックすべきだったと反省しています。

・2014/12/2
 借り替えにも費用がかかることを知り、定期を崩すのは嫌だったのでボーナスが出る12月まで待っていました。秋のときと比べるとSBIの金利も少し下がっているようなので結果的には良かったです。仮審査は大丈夫だったのでこれから本審査です。年内に終わらせるのは無理かなぁ。住宅ローン減税を考えると年明けの方がいいのかな?来年はどんどん返済していきたいです。

・2014/10/30
 事務手数料が気になりましたがそれでも疾病保障も考慮した総合費用は住信が最安だったので申し込みました。書類を送ってから2週間ほど音沙汰なく不安になりましたが、昨日無事OKという連絡がきて安心しました。こちらのサイトでも住信の金利が低いということになっているので11月も状況が変わらなければそのままお願いすると思います。

・2014/9/9
 半年前に申し込んだときはダメだったのですが、あきらめきれず再度申し込んだところ今度はOKでした。審査基準が変わったのか、勤続年数が延びたからなのか分かりませんが、喜ぶというより驚いてしまいました。あきらめなくてよかったです。

>>>住信SBIネット銀行住宅ローンの詳細と資料請求

>>>その他の口コミも見る

>>>口コミの投稿

新生銀行のサービス
このランキングの中では、どの金利も最低水準ですね!

また繰上返済手数料が無料だったり、ネットで1円から繰上返済できるだけでなく、普通預金の残高が一定金額以上になると自動で繰上返済してくれる機能もついていて、1日も早く繰り上げ返済してしまいたい人には最適な住宅ローンになっています。

さらに新しく「安心パック」が提供されることになりました。これは繰上返済により期間短縮した分、万が一の場合に元本返済を停止できる「コントロール返済」と、がんや脳卒中、糖尿病などに限らず事故などで介護が必要な状態になった時に住宅ローンが免除される「安心保障付団信」の2つの機能がついてくるサービスです。魅力的ですね!手数料も事務手数料の中に組み込まれています

オプションながら「病児保育サービス」や「家事代行サービス」を追加することもできるようです。

口座サービスについても、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどのコンビニATMやゆうちょ銀行のATMが完全に無料なだけでなく、住宅ローンユーザーは他行宛ての振込手数料が月10回無料だったり、定期預金や普通預金の金利が優遇されたりと、他社の追随を許さない手厚いサービスになっています。

実際、オリコンの「住宅ローン手数料」の顧客満足度調査でも1位となっています。
最新の金利はこちらから


新生銀行の口コミ
・2015/2/22
 借換の審査をお願いしました。女性の電話オペレーターの対応は素晴らしく、他ネット銀行の電話対応とは、明らかな違いを感じました。親切に説明してくださり、信用できる金融機関だと感じました。
ひとつだけ、改善をお願いするとすれば、審査に時間がかかりすぎることです。本審査のスピードでは、住信SBIが1週間程度、ソニーはエビデンス書類の提出を求められ、2週間程度、じぶん銀行は仮審査に2週間以上もかかり、仮審査はとおりましたが、その時点で、住信SBI、ソニーの本審査の結果が出ていたのでお断りしました。新生銀行もじぶん銀行と同じ くらい審査時間には時間がかかりました。

・2015/1/26
 10年前に借りた住宅ローンの固定金利が終わるタイミングだったので最近の住宅ローン金利を調べにきました。一旦、変動金利に変わるのですが10年前の条件だけあって今ほどの低金利にはならないようです。期日までまだ時間がありますが、間際になってバタバタするのも嫌だし不要な金利を払う余裕もないので早めに手続きすることにしました。変動金利が希望なのでランキング通り、新生、住信、イオンの審査を受けようと思っています。

・2014/12/13
 期待していた通りキャンペーンが始まったので早速申し込んでみました。小心者なので全期間固定がいいかなと思っていたのですがキャンペーン対象の15年は期間と金利のバランスがよく魅力を感じています。審査で全額OKとなってからの話ですが。

・2014/11/18
 審査は無事終了しあとは契約だけですが、金融緩和でさらに金利が下がりそうなのでちょっと待ってもらうことにしました。契約日の金利が適用されるとのことなのでこの戦法を考えている方は早めに審査を済ますのが良いです。

・2014/9/22
 先日無事に借り換え手続きが完了。所用期間は3週間くらい。金利が上がる前に借り換えができてよかった。借り換え手続きも書類さえ揃えてしまえば後は流れ作業だったので負担はなく、もっと早く借り換えたほうがよかったかもしれない。金利水準としては今がベストなのだろうけれど。

>>>新生銀行住宅ローンの詳細と資料請求

>>>その他の口コミも見る

>>>口コミの投稿

りそな銀行のサービス
メガバンクの中では随一の低金利が魅力です。

特に借り換え客には特別金利が用意されており、ネット銀行とそん色ない低金利が提供されています。

ネット経由では不安を感じる方や、直接担当者の顔を見ながら借り替え手続きをしたい方、あるいは近くにりそな銀行の店舗がある方は検討してみてはいかがでしょうか。
最新の金利はこちらから


りそな銀行の口コミ
・2015/2/3
 私もりそな銀行が借り換え用の特別金利を用意しているのはここで初めて知りました。何か裏でもあるのでしょうか?ネット銀行をメインにしようという考えは変わりませんが、職場の近くに確か支店があるので聞きにいこうかな。

・2014/12/30
 りそなの金利がこんなに低いとは知りませんでした。審査結果によって金利は変わるのでしょうけれどもし一番低い金利となるなら選択肢に入れたいと思います。

・2014/12/11
 急に転職が決まり、急いで借り換えをすることに。時間が限られていたのでネット系は早々に諦め、通常の銀行の中で金利が低く、レスポンスも良かったりそな銀行にお世話になりました。相談から契約まで2週間といったところです。本当に助かりました!

>>>りそな銀行住ローンの詳細と資料請求

>>>その他の口コミも見る

>>>口コミの投稿

今月のまとめ
今月のオススメ借り換えローンは住信SBIネット銀行新生銀行、そしてイオン銀行となりました。どれもいい住宅ローンだと本当に思いますが、メリット・デメリットがそれぞれあり悩んでしまいますよね?

そんな場合は・・・どれも申し込んではどうでしょうか。

別に審査に合格したからと言って「借りなければいけない」わけではありませんし、審査の不合格率も案外、高いと聞きます。それなら両方申し込んで、OKが出てから選べばいいのではないでしょうか。

住宅ローンと就職の内定は同じ・・・かどうかはわかりませんが、いただけるものはありがたく頂戴しておく、というのは選択の余地を残しておくという意味でスマートな方法だと思います。

ぜひ検討してみてください!

最後に・・・あきらめないで!

これから借り換えを検討される方に、最後にアドバイスをさせていただくとすると、「あきらめないで!」ということですね。なぜあきらめてはダメなのでしょうか?

1.審査の不合格率は結構高い

ユーザーの方の意見を聞くと、審査の不合格率は結構高いようですね。1回、不合格になったくらいであきらめる必要はありません。銀行によって審査で重視するポイントは大きく異なります。あきらめないでチャレンジすることが重要です。

2.金利はもう上昇するしかない

今後の金利の見通しに関しては意見が分かれるところですが、とはいえみなが一致していることは「金利はもうこれより下がらない」という点です。「下がらない」ということは、時期の問題は別にして、いつか上昇するしかありません。借り換えは金利が史上最低水準な今、やるべきです

3.面倒なのは一時、借り換えメリットは一生

確かに借り替え手続きは面倒です。書類を集めることを想像しただけでも億劫になります。もしかしたら銀行の窓口で嫌な顔をされるかもしれません。でもあきらめてはいけません。面倒なのは一時ですが、借り換えメリットは一生なのです。

しかも借り替えメリットは、金利削減だけではありません。繰上返済が便利な住宅ローンを借りて、繰上返済をどんどん進めれば、金利削減メリットなんて目じゃないくらいコストが削減できます。

また住信SBIネット銀行のように疾病保障付の住宅ローンに借り替えておけば、「もしも」の時に「あの時、あきらめないで借り替えておいてよかった」と思うことでしょう。

あとから後悔しても遅いのが住宅ローンの借り換えです。

・金利が上がったとき
・繰上返済しようと思ったとき
・「もしも」のとき


後悔しないよう、あきらめずに借り替えを断行してください。
一度きりしかない人生で、みなさんが最高の住宅ローンに出会えることを祈っております。

管理人





目次

借り換え住宅ローン金利と口コミ



ニュース一覧